2009年9月アーカイブ: 大阪 ホームページ制作 Signature! - STUDY STYLE -

2009年9月30日

「Mail to」を使った本文自動挿入の改行、半角

メルマガを発行する際、メール本文の一番下に署名のように固定で連絡先、URL、電話番号を挿入することが多いと思います。

特に携帯に配信する場合、パソコン用のURLを入れているとリンクが貼られていて、そこから直接クリックで飛ぶことができます。

ただ、飛ぶ先が携帯用に作られたホームページであればいいのですが、パソコン用のページだとその携帯がWEBブラウザ(PC用サイトを携帯で見ることができるブラウザ)を搭載していない場合、とんでもなくレイアウトが崩れたページや、解読不能なものを表示させてしまう事になります。

そこで、URLをクリックするとメールが立ち上がり、本文にホームページアドレスを自動挿入し、PC環境でホームページを閲覧してもらえる旨を書いておくと、アクセス向上につながる一助となるかと思います。また「PCじゃないと見れませんよ」という理由が説明されるので、訳のわからないページが立ち上がるより、見ている方もスッキリすると思います。

つまり、お客様は立ち上がったメールに自分のPCアドレスを入力して自分のパソコン宛てにURLアドレス入りのメールを送信し、受け取ったメールからリンクで飛ぶ事ができるようにする感じです。

ホームページアドレスを入力する手間と自分のPCアドレスを入力する手間だったら一緒じゃないか、という意見もありますが、それはお客様に判断してもらいましょう(笑)。

私はいまだ「http://www~」の「http://www」が覚えれなくて、URLの直接入力が非常に億劫です。

で、このクリックすると自動でメールが立ち上がる、というのは「MailTo」というタグを使います。

書き方はhttp://www.kanaya440.com/contents/tips/html/003.html

電子メールに自動挿入するメッセージを改行する/特殊文字を入力する

メールアドレスのリンクをクリックすると、メールソフトに CC、BCC、件名、本文を自動的に入力させることができることはご存じだと思いますが、ご存じない方の為にまずその説明をしておきます。

・まず、「<a href="mailto:xxxx@xxxx.co.jp">」のように通常のメールアドレスのリンクを作ります。
・このメールアドレスに「?」を付けて必要なパラメータをつなげます。
・また、パラメータが複数ある場合は「&amp;」でつなげます。
・パラメータ:以下の中から入力したい項目を「&amp;」で区切って組み合わせる

cc=xxxx
bcc=xxxx
subject=xxxx
body=xxxx
カーボンコピーアドレスを入力する
ブラインドカーボンコピーアドレスを入力する
件名を入力する
本文を入力する
例)<a href="mailto:xx@xx.co.jp?cc=yy@xx.co.jp&amp;bcc=zz@xx.co.jp&amp;subject=○○&amp;body=△△">

しかしこれでは本文を改行しても改行されませんし、「=」や「&」、スペースなどが入れられません。

まずは[メール送信]をクリックしてみて下さい。
件名にスペースや & が入っているし、メッセージの文章が改行されていたと思います。

改行や特殊文字を使用する場合はエスケープシーケンスを利用します。
<a href="mailto:xxxx@xxxx.co.jp?cc=yyyy@xxxx.co.jp&amp; bcc=zzzz@xxxx.co.jp&amp;subject=HTML%20%26%20Script%20Tips&amp; body=メッセージを改行する方法です。%0D%0Aこのように改行されます。">

で、本文部分の体裁を整えるのに必須なのが「改行」や「半角スペース」などの余白をコントロールするコードなのですが、特殊な文字配列(ASCII文字)を使って書く必要があります。

代表的な特殊文字変換表

改行 %0D%0A
半角スペース %20
カンマ %2C
% %25
& %26
= %3D
? %3F

これくらい使えばわかりやすいように本文の体裁を整えることができるのではないでしょうか。

HTMLメールにおける「phone to」

メルマガ等の携帯に配信するHTMLメール(絵文字や画像がダイレクトに文章に埋まってる方式)だとURLへのリンクや電話番号等へのリンクが自動で処理されません(普通のテキストメールの場合、記載があれば自動的に選択できるようになっている)。

その場合に電話番号を選択、発信する為の処理を調べました。
http://q.hatena.ne.jp/1124871552

http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/imode/tag/a.html

作ろうiモードコンテンツ | サービス・機能 | NTTドコモ

■iモード

<A href ="tel:0312345678">こちら</A>

■vodafone

<a href="tel:0123456789">発信</a>

http://www.au.kddi.com/ezfactory/xhtmlmake/part2_02.html

KDDI au: 応用機能の使用 > 制作

■ezweb xhtml

<a href="tel:090XXXXXXXX">電話をします</a>

http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/spec/4_04.html#dial

KDDI au: HDMLについて > Phone to機能/mail to機能

■ezweb hdml

<A TASK="CALL" NUMBER="090-0000-0000">eztaroくんへ電話!</A>

総じていうと、

<a href="tel:090XXXXXXXX">表示文字列</a>

という指定で事足りるようです。

2009年9月29日

Dropbox 様々なPCで共有できる優れもののオンラインストレージ

ここ最近オンラインストレージなるサービスが多数ありますが、あくまでバックアップ用途やデータの受け渡し用途にしか使えないものでした(もちろん、それはそれで様々利用させてもらっているのですが・・・)。

しかし、このDropboxというサービスはひと味違います。

Ci090930043013_300.jpg他と違うところは色んなPC(自宅、職場、ノート)の作業データを自動的に同期し、一元的な管理ができるところにあります。USBメモリなどで持ち帰る作業が不要となります。

サイトにてソフトウェアをダウンロード、インストールすると「マイドキュメント」に「MyDropbox」というフォルダができます。ここに共有、バックアップしたいデータを放り込むだけ!!

あとは、自分の使用しているPC全てにDropboxを同じアカウントでインストールします。すると、WEB上に保管されたデータが自動的に「MyDropbox」フォルダに同期されます。また、この別のパソコンで行なった変更はWEB上のデータと同期されるという仕組みです。

いわば、使用しているすべてのパソコンが使用できる共有フォルダができたような感覚です。

また、Dropboxを使ってるユーザー同士でのデータ共有や、公開フォルダの指定などもできます。

注意点は
  • フリーで使えるのは2GBまで。
  • それぞれのPCでインターネット接続環境が必要。
  • 会社のPCなどはソフトを自由にインストールできなかったりするので、その場合は使えない。
といったところです。

さらに進んだ使い方としては「レジストリ」を使用しないソフト・・・よくUSBメモリで持ち運べるソフトの特集が組まれていますが、そういったソフト・・・をDropboxに放り込んでおけば、設定や関連付いてるデータなどが利用しているPCで一元的に使えるということです。

もっと進めると、itunesのライブラリデータを放り込んで、各PCのitunesの設定をdropboxフォルダから引っ張るようにすれば、どのPCでも同じ楽曲を楽しむことができます。

使い方によってはかなりの可能性を秘めたこのDropbox。

年間1万円(99$)払えば、50GB使うことができます。フリーサービスはフリーのままで使う、が信念ですが、申し込もうかちょっと迷ってます。

というくらいこの「Dropbox」は非常に使い勝手のイイ、サービスだと思います。

ダウンロード先はコチラ

興味もたれた方はコチラに詳しい情報があります。


2009年9月28日

MovableTypeにて移転

ブログをチカッパのsevenspiceドメインより、Signatureドメインに移してMovableTypeにて構築しました。

小粋空間様よりテンプレートをダウンロードさせていただき、ほんとに若干だけデザインを変更して使っています。

あと、Liteboxを組み込んで画像拡大の際の別ページへの遷移をとりあえずオーバーレイでのポップアップに変更しています(イチイチ別ページに飛ばれると一番めんどくさいので自分的には必須です)。

これからデザイン等をカスタマイズしていくつもりです。