Webtoolアーカイブ: 大阪 ホームページ制作 Signature! - STUDY STYLE -

2009年9月29日

Dropbox 様々なPCで共有できる優れもののオンラインストレージ

ここ最近オンラインストレージなるサービスが多数ありますが、あくまでバックアップ用途やデータの受け渡し用途にしか使えないものでした(もちろん、それはそれで様々利用させてもらっているのですが・・・)。

しかし、このDropboxというサービスはひと味違います。

Ci090930043013_300.jpg他と違うところは色んなPC(自宅、職場、ノート)の作業データを自動的に同期し、一元的な管理ができるところにあります。USBメモリなどで持ち帰る作業が不要となります。

サイトにてソフトウェアをダウンロード、インストールすると「マイドキュメント」に「MyDropbox」というフォルダができます。ここに共有、バックアップしたいデータを放り込むだけ!!

あとは、自分の使用しているPC全てにDropboxを同じアカウントでインストールします。すると、WEB上に保管されたデータが自動的に「MyDropbox」フォルダに同期されます。また、この別のパソコンで行なった変更はWEB上のデータと同期されるという仕組みです。

いわば、使用しているすべてのパソコンが使用できる共有フォルダができたような感覚です。

また、Dropboxを使ってるユーザー同士でのデータ共有や、公開フォルダの指定などもできます。

注意点は
  • フリーで使えるのは2GBまで。
  • それぞれのPCでインターネット接続環境が必要。
  • 会社のPCなどはソフトを自由にインストールできなかったりするので、その場合は使えない。
といったところです。

さらに進んだ使い方としては「レジストリ」を使用しないソフト・・・よくUSBメモリで持ち運べるソフトの特集が組まれていますが、そういったソフト・・・をDropboxに放り込んでおけば、設定や関連付いてるデータなどが利用しているPCで一元的に使えるということです。

もっと進めると、itunesのライブラリデータを放り込んで、各PCのitunesの設定をdropboxフォルダから引っ張るようにすれば、どのPCでも同じ楽曲を楽しむことができます。

使い方によってはかなりの可能性を秘めたこのDropbox。

年間1万円(99$)払えば、50GB使うことができます。フリーサービスはフリーのままで使う、が信念ですが、申し込もうかちょっと迷ってます。

というくらいこの「Dropbox」は非常に使い勝手のイイ、サービスだと思います。

ダウンロード先はコチラ

興味もたれた方はコチラに詳しい情報があります。


2009年8月 6日

Gmailの添付ファイルのドラッグドロップについて

日常、他のアカウントのメールもGmailに統合してをGmailを主に常用していますが、一つ不便なことがありました。

添付したいファイルをドラッグ&ドロップで添付できないということです。

割と添付ファイルは頻繁に使うのでわざわざもう一度、添付したいファイルのありかを参照から辿っていくと、PC上のどこにファイルがあるかわからず、非常に面倒でした。。

そこで登場がFIREFOXのアドオンの「dragdropupload」。これで添付ファイルをドラッグドロップで使えます。

注)Gmailの設定で「高度なファイル添付機能 」のほうを使用しているとドラッグドロップは使えません。「基本的なファイル添付機能」のほうで「枠」を表示させる必要があります。

Gmailに限らず参照窓からアップロードするタイプのページ(宅ファイル便など)ではすべてドラッグドロップで指定できるようになります。

またGoogleChromeはデフォルトで最初からドラッグドロップに対応しています。

ただし、Firefoxは付けたいファイルの数だけ参照窓を表示させておけば一気にドラッグドロップできますが、GoogleChromeでは一つづつしか無理なようです。


ちなみに、日々進化しているメール容量などのストレージの仕様ですが、前は20MBが上限だったようですが、現在(2009/07)のGmailの添付で付けれるファイルの大きさは上限25MBのようです。

また、たまにレジストリを使わないUSBメモリ用のソフトを添付したいときに「.exe」という拡張子だとメールで送ることができませんが、単純にこの拡張子を違うもの「.exe→.ex」等に変更し、受け取ったあとに元に戻すと普通に使えるようです。