検索結果: 大阪 ホームページ制作 Signature! - STUDY STYLE -

タグ「プラグイン」 の検索結果(1/1)

2009年11月16日

WordPress Lightbox 2 プラグイン 日本語版

wordpressで元画像拡大のリンクをページ遷移なしにポップアップ表示する、最近ではもはや定番になった「Lightbox」を導入するプラグインです。

紹介するモノは日本語版に直されたモノなので設定がわかりやすいです。

ダウンロードは
http://wppluginsj.sourceforge.jp/i18n-ja_jp/lightbox-2-wordpress-plugin/
のダウンロードからできます。

例によってプラグインフォルダに放り込んで→プラグイン有効→個別設定の手順です。

特長は
  • オーバーレイする背景色をカラー指定できる(サイトに合わせられるのは汎用性高し)
  • [rel="lightbox"]の記述をイチイチ書かなくても画像リンクに適用できる。適用する範囲も指定できる。
  • 記事ごとにグループをまとめて自動的にギャラリー形式にしてくれる設定あり。
と、おまけ機能がかなり使える感じになっていると思います。

なんせページいちいち切り替わるのウザいので必携です。

2009年11月14日

WordPressブログでのYouTubeの埋め込み方法

もはやmixiなどでも日記でyoutubeの動画の埋め込みサポートしたり、企業がプロモーションに積極的にyoutubeを活用したりと、いまや市民権を得た「ネット配信動画」。

もちろんビジネスブログにおいても、その有用性は明らかです。画像以上のアイキャッチ、訪問者の理解を深めるツールとしては欠かせません。

そこでWordPressの動画埋め込みプラグインです。youtubeのほか、Google Video、 DailyMotion、Vimeo、Veoh、Viddler、Metacafe、Blip.tv、VideoPress aka WordPress.com Video 、Flickr videos、Spike.com/IFILM、MySpaceTVにも対応しているようです(ほとんど知りませんけど。。)

Viper's Video Quicktags

http://wordpress.org/extend/plugins/vipers-video-quicktags/

です。例によってプラグインフォルダにFTPでアップロードして、プラグイン有効の設定をするだけです。
(最新版のViper's Video Quicktagsのバージョン6.2.14を動作させるには、WordPressのバージョンが2.8.4以上であることが条件です。)

なお、プラグインを使わなくても動画を貼り付けることは可能です。

編集モードを「ビジュアル」から「HTML」に切り替えてyoutubeの「埋め込み」欄のタグをコピー、本文中にペースト、でOKです。

詳細は
http://www.0gram.com/entry/158
を参照してください。

2009年11月13日

WordPressで絵文字を使用するプラグイン

携帯メール等でもそうなのですが、絵文字が担う役割というのは「かわいい」とか「面白い」というだけではなく、アイキャッチをつけて文章を読みやすくしたり、親近感をわかせたり、色んな効果があると思われます(個人的には使いすぎはウザいですが)。

WordPressでは比較的、簡単に絵文字を取り入れる事ができるので紹介します。

WordPress Plugins/JSeries » emoji (絵文字挿入)

で配布されているプラグインを導入します。

MovableTypeもそうなのですが、デフォルトで用意されている絵文字はいわゆる「外国テイスト」で女子目線でいうと「かわいくない」(笑)と思われますので、素材配布サイトから取ってきて自分で追加することもできます。

素材配布サイト例
http://www.fuchu.or.jp/~tenshi/1kb/sozai/blog.html
1キロバイトの素材屋さん

などで好みのモノをダウンロードして、FTPで「wp-includes/images/smilies配下」にアップロードすると使えるようになります。

くれぐれも男性のみなさんは使いすぎると気持ち悪いと思われることも少なくないと思うので気を付けましょう。。


2009年11月11日

WordPressブログの投稿をmixiにも同時に投稿するプラグイン

このブログは「MovableType」で構築されていますが、別のブログを「WordPress」で構築しています。

プライベートブログでもビジネスブログでも「同時にmixiに記事を投稿できればいいのに」と思うことがあると思います。

mixiをビジネスコミュニケーションツール、ある団体のコミュニティツールとして活用するためにIDを作成している例も多くみられ、こういうニーズは多分に発生する可能性があると思います。

そこで登場が
publishToMixi
ksnn diary » publishToMixi

です(WordPress2.8にも対応)。

「記事の冒頭と末尾に自分で決めた定型の文言を入れることができる」
「投稿ごとにmixiにも投稿するかどうかを切り替えることができる」
「投稿内で使用されている画像も自動的にmixiへ投稿できる。」

らへんが特長です。

特に定型文を入れることができるので、元の記事へのURLを貼ってそちらに誘導することも可能です。

使い方もプラグインフォルダに一式をアップロードするだけのお手軽さです。

他にもmixiへの同時投稿ができるものとして

Wp-MixiPublisher 1.0.0 RC2

yujilog » Wp-MixiPublisher 1.0.0 RC2 をリリース

があるのですがWordPressの新しいバージョンには対応していないようです。

あと、念のためSEO的な部分を言っておくと、同じ内容の記事がWEB上に2つあるというのは検索エンジンの「ペナルティ対象(検索結果順位が極端に下がる)」なのですが、mixiはもちろん、ページ自体が検索エンジンにクロール、インデックスされることはない(<meta name="robots" content="nofollow,noindex" />指定されている)ので、問題はありません。